読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お上品まないたブログ(*´ω`*)

天鳳民なぽっくんが下ネタを一切使わない事を目標にした上品なブログ( ^ω^)モバマスとパズドラのことを書く予定( ^ω^)

アニメアイドルマスターシンデレラガールズ2期2話(15話)の感想( ^ω^)

アイドルマスター シンデレラガールズ

※この記事はアニメで個人的に見ていて印象に残ったシーンの感想を書きまくるという内容なんで思いっきりネタバレがあります。
アイドルマスターシンデレラガールズを視聴していない方が見ても知らんぞ( ^ω^)

せーいっぱ…新曲ですやん!!!!!!!
今日は開始1分目から衝撃的でしたわ。
前回のOPはStar!!だったしEDは変えるけどOPは変えないのかな?とか思っていた次の週には新OPに変わっていた…なんだこれはたまげたなあ。
そしてその新OPですが、作画本気出しすぎでしょ。こんなん引き込まれるに決まってますやん。特に卯月の作画が凄かった。2期は卯月が話題の中心になるのかなと思わせるかのような気さえしてきちゃいましたね( ^ω^)

そしてアニメ本編。
舞台は先週の最後から変わらず会議室。
アナル弱そうな女上司の名前がここで明らかになったんですが「美城常務」というのだとか。
そのアナル常務が掲げるこれからのアイドル部門方針は今までのユニット編成を1度全てリセットしてそこから有能な子だけを間引きしていこうという感じのようですね。

ただ現状346プロは業界最大手のプロダクションで、うまくいってるよう感じなんでわざわざ方針を変えてアイドルの数を減らしていく必要があるんですかね…( ^ω^)
もしかして実は現状346プロの経営状態クッソヤバかったりするとか?
それで経営のスペシャリストであるアナル常務を海外から急遽呼んできて建て直しを図ったという設定があったりするのかもしれないですね。でもそれならまず真っ先にあの緑のアシスタントをクビにしろ!!!!それとちひろさん、ガチャで闇に飲まれたお金返してください!!!!と言いたい( ^ω^)
それに対して武内Pが真っ向から反論します。一人一人歩みは違ってもみんなファンを笑顔にできるアイドルなんだというような感じのことをいいます。765時代から受け継がれる one for all の精神ですね。普段は口下手ですがしっかりアイドルのことを考えている武内Pはさすがですわ、こんなん惚れるにきまってますやん( ^ω^)
そんな武内Pに対してアナル常務は「そこまで言うなら代案を急いで書き上げてもってこいや」とバッサリ切り捨ててしまう。まあ反対するのは誰にでもできますからね、そこに自分なりのプランを具体的に持てるかというのは大事なことです。
こんな感じで2話の時点で武内P VS アナル常務の構造がクッキリとなってきてきたというような感じでしょうか。

この後視点は会議室からNGの3人へと移ります。
しぶりんが見つけたのは奈緒と加蓮。
奈緒と加蓮はそれぞれ17歳と16歳。
対するNGはしぶりん、ちゃんみおが15歳で卯月が17歳。
なんですが年下のちゃんみおにまで敬語を使ってる2人を見るとデビューした年で先輩後輩が決まる芸能界っぽいなあ…なんて感じがしますね(*´ω`*)
世間話で和んでいられるのもつかの間、今の346プロ内で話題の中心はやはりアイドル部門の急激な路線変更。
プロ内で大きな不安を引き起こしているらしくこれからどうなってしまうのだろうかというような暗い話題がどうしてもあがってしまいがちのようで。
特にデビューから日の浅いNGや奈緒、加蓮にはより一層不安に感じるのかもしれませんね。

経験の浅いアイドルが不安を感じる中346プロの看板アイドル高垣楓さんはどうなのかというと…アナル常務に呼び出されてました( ^ω^)
最近暑いし激寒ダジャレおばさんのギャグで体を冷やしたいんでしょうか( ^ω^)
そんなわけはなく、どうやら大きな仕事を取ってきたのでそれを楓さんに受けてほしいとのこと。当然OKの返事が来る…と思っていたのでしょうが返答はまさかのNO。
これを知った他のアイドル達も驚きを隠しきれずに問い詰めますが、それをダジャレを言いながらのらりくらりとかわしていく楓さん。
彼女の胸中が明らかになるのはNGが楓さんと同じ場所(多分アキバのソフマップかな)でライブを行うことになったときのこと。
どうやらうちわが足りないと思った(実際の数は十分にある)ファンが押しかけて行列を作ってしまったようで…。(正直スタッフの指示に従えと思わんこともないですが)このトラブルに楓さんが現れ軽快なトークでファンを落ち着かせてしまいます。
トップアイドルらしからぬ丁寧な対応に驚くNGの3人ですが楓さんからしたらこれは当然のことなのだとか。
彼女が言うには「自分は人に与えられた階段を登るのではなく、ファンと一緒にトップアイドルへの階段を登っていきたい」からこそファンに寄り添った対応をするのは当たり前であると。

この人激寒ダジャレおばさんじゃないわ、激アツダジャレお姉さんだわ( ^ω^)
やっぱりトップアイドルは違うぜ( ^ω^)v

それに感化されたNGは幸せなライブをして、武内Pが幸せな代案をアナル常務に突きつけて2話は終了。


完全にこれ楓さん回ですやん( ^ω^)
激アツダジャレお姉さんのファンになります。
今日は完全に楓さんがCPの出番食いとってましたわ。
でもみくにゃんも1期の時とは違ってPチャン信頼してるんだなっていうところが伺えるシーンがあったりしてかわいかった(*´ω`*)みくにゃんぺろぺろ(*´ω`*)
というかアナル常務の想定だと楓さんを自陣に引き込んで厚遇することで、そのまま実力のあるアイドルが勝手にこっちに来るだろうという考えだったのでしょう。ただこれに失敗して現状プロダクション内の雰囲気も最悪ですしこれって誰も常務の味方しないんじゃないですかね…
あるとするなら川島さんとか早苗さんみたいな年齢的にもう遠回りのできない2番手グループのアイドルがビジネスライクな活動を求めてアナル常務側へ行くという展開でしょうか。
もしくは海の向こうからやってきた人つながりで世界レベルのあの人が常務サイドにつくという展開が…ダンサブル!!!!!
f:id:manaitayouzyo:20150725022950j:image

2話の感想おわり( ^ω^)v